荷造り・必要なバック

千葉県房総半島自転車イベント「ツール・ド・ちば」:荷造り・必要なバッグ 車で大会会場まで行く人は、荷物が多くても大丈夫ですが、電車で自転車と荷物を運ぶ人は、荷物をコンパクトにする必要があり、バッグだけでも何種類か必要になります。

▼輪行バッグ‥・・・自転車を入れるバッグ
電車に乗るには必ず必要です。


▼バックパック‥・・・背負うタイプのバッグ
着替えや、宿泊用品などを詰めます。レース中に預けられる荷物は1つなので、このバッグにすべてまとめる必要があります。


▼ウエストバッグ‥・・・コースマップ、貴重品、デジカメ等
レース中も身につけておく物を入れておきます。
ウェアにポケットが付いていてそこに入れられる場合は、無くても大丈夫です。


▼サドルバッグ‥・・・自転車に付けておくバッグ
工具、チューブ、雨具等を入れておきます。「TOPEAK」というメーカーの物を使っている人が圧倒的に多かったです。

宿泊施設次第ですが、浴衣でOKな人ならパジャマは不要だと思われます。

会場の最寄り駅から会場までの間、各日のスタート・ゴール地点から宿泊施設までの間は、自転車ですべてを運ぶことを考慮して、荷物量を抑え、運べる形態にする必要があります。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0