出場できる実力とは

千葉県房総半島自転車イベント「ツール・ド・ちば」:出場できる実力とは 体力・気力に合わせてコースを選ぶことができますが、最短コースでも、1日で約110km走行することになります。

「ツールドちば2009」においては、Dコース(1日間)は、山のないフラットなコースで初心者には走りやすいコースでした。しかし、毎年コースは変わりますので、山のないコースがあるかどうかは、申込前にコース発表されてから確認する必要があります。

走行速度は、平均速度別に3グループに分かれて走行します。最も遅いグループは15km/h」と大会側から提示されています。しかしこの数字は曲者で、エイドステーションでの休憩や、ランチの時間込みの全行程の平均速度のようで、巡航速度ではないことに気をつけないといけません。巡航速度としては+10km/hで考えた方がよいでしょう。

つまり、最も遅いコースでも巡航速度25km/hで走れる脚力が必要となります。

連日出場で宿泊した場合は、スタート地点まで各自自転車で向かうことになります。指定された宿泊施設の場所がスタート地点から離れている場合が多く、レース以外にも宿泊施設との行き来で10キロほど追加で走るため、レースと合わせて140キロ/日走ることになります。

また、ほとんどのコースで、山登りが含まれるため、フラットのみならず200m程度の山登りができる脚力が必要です。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0