会場までの交通手段

千葉県房総半島自転車イベント「ツール・ド・ちば」:会場までの交通手段 大会会場までは、各自の車で行くことが可能です。各スタート地点付近に、主催者指定の選手用駐車場が用意してあります。

しかしこの場合、車の移動はしてくれませんから、ゴール地点からスタート地点の駐車場まで車を取りに帰ることになります。

大会に3日間出場する場合は、3日目にスタート地点にゴールするため、車のある場所まで戻って来られますから心配はいりません。

2009年の大会では、大会会場へ向かうJR専用臨時列車「ツール・ド・ちば2009号」が運行されました。事前にJR東日本で電話予約、またはインターネットで申込むことができます。

「ツール・ド・ちば2009号」は、サイクルトレインとは異なり、そのまま自転車を乗せることはできず、輪行バッグが必要になります。

この列車の利用は、往路については大会初日に合わせた運行のみで、復路は各日運行されます。 2日目または3日目から参加の場合は、各自でスタート地点へ行くことになります。

列車料金は、記念品代が含まれているのか、普通の列車を利用する場合の料金よりもプラス1,000円程度高めでした。

復路の列車の発車時刻は「20km/h」コースのゴール時刻に合わせてあるため、「15km/h」コースで参加の場合は、「ツール・ド・ちば2009号」以外の列車を利用することになります。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0