歴史と概要

千葉県房総半島自転車イベント「ツール・ド・ちば」:歴史と概要「ツール・ド・ちば(つーる・ど・ちば)」は、2006年10月にはじまった、千葉県房総半島を中心に行われる自転車で長距離を走行する大会で今年で4回目を迎えました。

バラエティに富んだ房総半島一周を、自らの体力と気力で走ることを目的とし、スピード競技ではなく、交通規則を守り、完走を目指す大会です。

千葉県が観光立県を目指す1つのイベントとして計画され、見知らぬ土地を自転車の視点から再発見してもらい、観光開発・地域の活性化も目指しています。

美しい千葉房総の風景を横目に、潮風を受けながら颯爽と走り抜けるのは、ほんとうに気持ちが良いものです。
豊かな自然を感じ、歴史文化に触れ、美味しい海の幸を味わうなど、サイクルイベントですが、走っただけではない思い出が残ります。
各市町村、関係団体の皆さんの多大なサポートを感じます。

参加年齢層も幅広く、安全保安部品の義務を守れば誰でも参加可能な大会です。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0